事業資金の確保に困ったら

事業をしていると家賃、従業員への支払い、材料などの品物の仕入れ、光熱費、税金など様々な費用が発生します。

キャッシュフローが良好な場合は取引先からの入金によって回すこともできますが、取引先からの入金が遅れてしまったり業績が悪化してしまうと、支払いが困難になってしまうこともあります。そのような時に利用したいのが消費者金融などのビジネスローンです。ビジネスローンと聞くとハードルが高く感じるかもしれませんが、審査が厳しく融資実施まで時間がかかるのは銀行の貸付です。

消費者金融などのノンバンクが行っているビジネスローンは、一般のカードローンとほとんど同じような仕組みで事業資金への利用が認められています。事業資金への利用が認められているということは、利息負担も経費にすることができるため、個人でローンを組む場合よりも税金対策をすることが可能です。ノンバンクの行っているビジネスローンでは事業を行っているという証拠と収入証明があれば契約することができ、最短即日で借り入れをすることも可能です。

一方個人向けのカードローンも事業資金への利用は認められていませんが、利用使途自由となっているので事業に利用しても咎められることはありません。しかし総量規制の対象となるため、まとまった資金が必要な場合には十分なお金を確保することができないこともあります。ビジネスローンを生活決済に利用することも可能なので、会社経営者や個人事業主で通常のカードローンがある場合は、切り替えてみるのも良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *