事業資金の集め方について

事業を始めるにあたって、事業資金をどう集めるかについては様々な方法があるので、目的の応じ、またそれに伴う注意点などを踏まえてその方法を選択するのが良いということができます。

事業資金集めの最も基本的なものとしては、自己資金で賄うということになりますが、たくさんのお金が必要な場合は難しいということになりますので、株式の発行をして株主にお金を出してもらうというようなことになります。これは割合ポピュラーな事業資金集めということはできますが、後々株主意見とか意向を反映することと結びついています。

また配当ということも意識しなくてはなりません。銀行など金融機関から借り入れるということも比較的一般的な資金集めと言えます。ただこの場合は、金利を負担するということになるので、経営上は大きな負担になることもあるということを覚悟する必要があります。そのほかにもいろいろな手段がありますが、共通して最も大事なことは、事業計画をきちんと策定するということになります。

貸すにしても投資にしても、与える方としてはそのお金が生きるかどうかを判断材料にするからです。もしかしたら、そのお金を失うことになるかも知れないというこてが常に頭の中にあるのです。したがって、事業の目的、顧客の範囲、事業規模、売上伸び率とそのための具体策、販売促進の手段、販路の開拓など、総合的に事業の全貌が分かりやすく、しかも頼りがいある事業計画である必要があるのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *