事業資金の調達方法はどのようなものがあるか

事業資金をどう調達すればよいか悩んでいる人も少なくありません。

しかし方法は意外と沢山あります。まず銀行から借りるという方法です。一般的にもっともオーソドックスな方法ですが、新しい会社や実績のない会社には融資が下りない可能性もあります。その理由は銀行側からきちんと返済してもらえるか信用されていないからです。中にはこうした会社にも融資してくれる所も出てきましたが、全体としては厳しい状況です。そういう場合は日本政策金融公庫から融資を受けるという方法があります。

日本政策金融公庫とは国が100パーセント出資している金融機関で、国の支援の一環で行われているので、まだ実績のないような新しい会社にも融資してくれます。こうした金融機関からの資金調達が出来ない場合は、個人投資家から出資を受けると良いです。投資家の中にはベンチャー企業やこれから会社を立ち上げようとしているような人を応援している人達がいます。しかもその場合、資金返済は不要です。その為銀行等からの借り入れとは違い元金返済も金利を支払う必要もありません。

しかしその代わり株式と交換という形になりますので、会社運営に対して色々意見を言われる可能性もあります。他にもクラウドファンディングを利用するという方法もあります。クラウドファンディングとはインターネット上で不特定多数の人から、会社の事業内容を説明して、それに興味を持った人から小額のお金を集めて、それを事業資金にいくという方法です。このように事業資金の調達方法は沢山ありますので、自分に合った物を選ぶと良いです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *