事業資金を用意するには複数の方法がある

会社を起業したいと考えている方の悩みの種は事業資金です。

まず、資金を集めることが出来なければ会社を動かすことが出来ません。起業してからも、会社が続く限り資金の悩みは付いて回るものです。日本で起業をする場合、多くの方が借入金や自己資金でまずは会社を始めます。欧米などではベンチャー企業が日本よりも活発であることから個人投資家も含めて投資家の存在が大きく、事業資金を用意してくれるような場合もあります。

もちろんそれだけ会社の将来性を見越した投資ではあるのでリターンに対する目も厳しくはなりますが、借入金で事業資金を集める訳ではない場合もあります。翻って日本ではまだまだ借入金で事業を行う企業が少なくありません。ビジネスの土壌が違うという理由もあり、経営者は慎重に事業資金を集めるために方法を検討する必要があります。銀行で融資を頼む場合は事業計画やこれまでの実績が評価されますので、しっかりと資料を作り込むことが重要になります。

また借入を検討している金融機関によって返済利率は変わりますので、少しでも利率が低い金融機関で借入を行うことは経営の基本です。まだ起業をしたばかりの経営者の場合、自分の創業したビジネス業界については熟知していても、経理や資金繰りについては知識がないという経営者も少なくありません。そのような場合商工会議所に相談をしてみるというのも1つの方法です。1人では思いつかないアドバイスをもらえる可能性があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *