事業資金の調達方法は何が良いか

事業資金の調達方法では、計画的に利用するのであれば公的融資を利用するのが最もお得で適しています。

事業の実績がない開業時、開業してから期間が経過して実績ができているとき、一度失敗して再起を検討しているときなど、それぞれの用途に合わせた融資が用意されており、金利は最も低くなるので返済の負担が少ないのが特徴です。ただし、提出する書類の数が多く、事業計画が明確になっていて相手を納得させられるものでなければ審査に落ちます。申請してから融資までに1か月はかかるので、急いで事業資金を調達したいときには対応できません。

銀行のビジネスローンは比較的低金利になりますが、こちらも全体で見れば書類が多く、融資までの時間がかかるものが多いです。ただし、ネット専業銀行などは柔軟性があり、短期間で融資を受けられるものもあります。急いで確実に事業資金を調達しなければならない状況であれば、消費者金融などのノンバンクのビジネスローンを利用すると良いでしょう。

銀行では審査に落ちる要因になる、赤字経営や税金の未納があっても、事業計画がしっかりしていれば融資を受けられる場合があります。金利はカードローンとほぼ同じなので、返済の負担は大きいです。なお、事業目的なので総量規制の対象外になります。担保にできる不動産があれば、不動産担保ローンも使えます。評価のための時間が必要なので、やはり急いでいるときには利用できませんが、低金利で高額の借入ができることがメリットです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *