ノンバンクはどのような金融機関なのか

ノンバンクは預金業務を行っていない金融機関であり、消費者金融や信販会社などがあります。

銀行よりは審査に通りやすいですが、金利は高くなっているのが特徴です。様々な金融機関が存在するので、目的に合わせて使い分けえると良いでしょう。ノンバンクの安全性は、どこを利用するかで違いがありますが、知名度の高い大手であれば違法な金利をかけられたり、強引な取り立てが行われる心配はありません。しかし、中小の場合は安全とは言い切れないので、評判を確認した上で利用します。

個人向けではなく、企業向けのノンバンクを装っている闇金融も存在しているので注意しましょう。借りられる金額はノンバンク全体で年収の3分の1までに制限されています。これは実際に借りている金額ではなく、限度額の総額で判断されるので、審査に通らないときは限度額を減らして空きを作っておきます。なお、事業や医療費・介護費など特定の目的に使用される場合にはこの制限が適用されない場合があるので、制限を超えそうな場合は問い合わせて確認が必要です。

ノンバンクは過去にグレーゾーン金利と呼ばれる、法定金利を超える金利で貸し付けをしていたので良いイメージを持っていない人も多いですが、現在は法律を守っているので危険なものではありません。ただし、それでも銀行よりは高い金利が適用されているので返済の負担は大きくなります。無計画な利用によって債務整理に陥る人もいるので、借り過ぎないようにしましょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *