ノンバンクで借り入れするときのポイント

ノンバンクは消費者金融やクレジットカードを取り扱っている信販会社などの貸金業が主要業務であり、預金を行っていない金融機関です。

一般的な人が自由な借り入れをするために利用する場合には総量規制が適用されるので年収の3分の1が借り入れの上限になりますが、これはノンバンク全体の総額になります。審査に通りやすいと言われますが、利用条件を満たしていない、信用を得られない状態であればノンバンクでも審査に落ちます。通常は年齢が20歳以上であり、安定した収入が必要です。個人信用情報機関にトラブルの記録があれば、信用されないのでほぼ審査に落ちます。

一般的には適正な金利になっており、返済できなくなった場合の取り立ても銀行などと同じで違法な行為が行われることのない金融機関です。しかし、ノンバンクという括りはかなり大きいものであり、無許可で営業している闇金融であればこれに従っていません。お金が足りないときは審査に通って借りられることが重要ですが、後のことも考えて借りやすさよりも信用性を最重視した方が良いです。

不都合がない場合には低金利である銀行に申し込むのが無難であり、審査に落ちる、結果が出るのに時間がかかり過ぎるなど問題があれば大手のノンバンクを検討しましょう。それでも審査に通らない場合、中小であれば借りられる可能性がありますが、許可を得て営業していること、何か問題を起こしていないかなどを調査した方が安全です。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *