ノンバンクの特徴と審査

ノンバンクは預金を取り扱っていない金融機関の総称であり、借り入れを検討するときに目にすることがある表現です。

銀行と比べて金利が高く、限度額の上限も低いなどのデメリットがありますが、借りやすいメリットもあるので利用する人も多いです。用途にほぼ制限のないフリーローンの場合、総量規制の対象になるので年収の3分の1までしか借りられません。そのため、収入の全くない専業主婦は通常は利用できませんが、一部に配偶者貸付を適用しているノンバンクがあり、配偶の収入で借りられる場合があります。

この方法では限度額は低くなるため、高額の借り入れをする場合は自分で収入を得た方が良いです。ブラックでも借りられる場合がありますが、大手では審査に通りません。闇金融の危険性もあるので利用しないのが安全ですが、借り入れの必要がある場合には登録されている正規のノンバンクであり、提示されている会社の情報と登録情報が一致していること、審査を行うことなどを確認してから申し込むと良いです。

借りるという観点では審査はブラックの状態では都合が悪いです。しかし、無審査で貸し付けする闇金融と契約すると法外な金利になるので返済できなくなる恐れがあります。違法な契約では利息だけでなく借りたお金も返済する必要がありませんが、実際には民事不介入になるので警察は動いてくれないので弁護士に依頼しなければならないなど手間がかかるため、違法な業者は利用を避けた方が良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *