ノンバンクは担保がなくても借りられる

ノンバンクローンの特徴として担保なしで借り入れ可能なことがあり、同様に原則として保証人も必要ありません。

20歳以上で安定収入があれば申し込み条件をクリアできるので、数あるローンの中でも一番借りやすいと考えてよいです。担保なしで借り入れできる理由は、申込者の返済能力で融資を決定しているからです。返済能力は年収で決まる部分が多いですが、ほかにも安定性が重視されます。安定的に返済できることが大切になるので、正社員と比べて非正規社員は不利になります。

借り入れは最高で年収の3分の1となりますが、これには他のノンバンクの借り入れも含めた合算になる点に注意してください。昔は総量規制による貸付制限はなかったので、今よりも高額融資を受けられました。しかし現在は貸金業法改正前と比べて、借りられる金額はかなり少なくなっています。かつてのように年収を超える金額をノンバンクから借りることはできません。ただしこれについてはプラスの評価が多く、借りすぎを予防できる点でメリットがあります。原則としてノンバンクの審査を受けるときには担保の設定を求められません。

そのため担保を持っていても審査で有利になることはありませんが、最終的に査定スタッフの裁量によって融資が決定される部分は現在もあります。担保・保証人を設定しなくても、これらを設定できる状態にある方は審査で有利になると考えられます。審査基準は業者から伝えられることはありませんが、返済能力を総合的に見て決めているのは各社に言えることです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *