ファクタリングという金融サービスとは

日本は超少子高齢化社会になってしまいました。

そのため介護などの福祉の分野に大きな可能性があると一見されますが、実際のところは重要な仕事であり重労働でありながら、賃金が低い業界として知られています。産業自体にまだまだ力がないため、この傾向は続くものと考えられます。また行政は、介護を要する人々の福祉向上のため、多くの場合介護サービスを受ける費用の一部を負担しています。したがってサービスの報酬は介護サービスを受ける人と行政の両方から受けることになります。

ところが介護サービスの行政負担分は、請求書を送っても支払われるのが最長で3ヶ月も後のことになってしまいます。それは基本的な支払い条件が、月末でしめ、翌々月末に支払われるという契約になっているからです。タダでさえ産業自体に力がないというのに、福祉のサービスに携わる業者は、特に新規参入の小規模事業者であれば、資金繰りの悪化を招いてしまうことにもなりかねません。またそうした業者であれば、銀行が特別有利な条件で貸し付けをしてもらえるという可能性も低いでしょう。

こうした問題を部分的に解決するシステムとして考えられたのが、ファクタリングという金融商品です。これはサービスを提供した業者の債権をファクタリング会社が買い取って、代わりにその報酬を後から回収するというシステムです。つまりサービスを提供した業者は、特に介護サービスの場合では、サービス利用者と行政から代金を遅れて受け取る代わりに、ファクタリング会社から翌月には支払いを受けることになります。そしてファクタリング会社は、その費用を後日に介護サービス利用者や行政から支払いを受ける、という形をとります。このシステムをファクタリングと呼び、近年注目されているサービスになります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *