ファクタリングと言う融資の違いについて

様々なビジネスを行うにあたり、資金調達は重要なテーマとなります。

大きな仕事を行う場合にはたとえ事業が好調であったとしても資金不足に陥る可能性が存在しています。通常はそのようなケースにおいては銀行などの金融機関からの融資を頼るのが一般的ですが、何かしらの事情で利用することができない、また間に合わない場合にはファクタリングと呼ばれる別の方法により資金調達をすることがあります。ファクタリングと言うのは融資とは異なりお金を借りるのではありません。

現在保有している売掛債権のうち、いずれかを売却すると言う形で資金調達をする方法のことをファクタリングと言うのです。よりわかりやすく表現するとすれば、今後入金される予定のお金を受け取る権利を売却することにより、現時点での資金調達を可能にする仕組みで成り立っているのです。そのためファクタリングを利用した場合には売掛債権の額面よりも低い金額を受け取ることになります。契約上入金がかなり先になる場合、どうしてもより早い段階でお金が必要と言う時にこの方法を活用する場合があるのです。

融資の場合には利息を支払うなければなりませんが、ファクタリングの場合には価値の目減りが発生します。どちらの資金調達の方法が有益であるかはケースバイケースですので、しっかりと比較検討することが大切になります。どのような条件で資金調達をすることができるのかはここの条件によって異なりますので比べることが大切であると言えるでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *