ファクタリングのメリットとデメリット

ファクタリングは資金調達の手段として多くの経営者が知っている存在です。

しかしながら実際に利用したことがある経営者はそれほど多くはないかもしれません。この仕組みにはメリットもありますが、大きなデメリットもありますので気軽に利用することができる仕組みでは無いのです。いざと言う時にこのファクタリングを活用するためにはしっかりとした理解が必要不可欠となります。ファクタリングとは資金調達の方法の1つですが、銀行からお金を借りる融資とは本質的に異なります。

ファクタリングはお金を借りるのではなく権利を売却することによってお金を受け取ることができるサービスを利用する仕組みなのです。この時売却するのは売掛債権と呼ばれるものです。自分の会社のビジネスによって今後入金される予定のお金を受け取る権利を売却することによって、今すぐ現金を入手することができるのが最大のメリットのです。お金を借りることが難しいケースなどにおいては資金調達の手段として非常に優れたものであるといえます。

しかしながらファクタリングのデメリットとして額面通りの金額を受け取ることができないという点には注意しなければなりません。売掛債権が将来的に受け取ることができる権利ではありますが、絶対が約束されているわけでは無いのです。そこにはリスクが存在しているため売掛債権の売却の場合には価値が目減りすることを避けるのは困難であるといえます。したがってこの仕組みを活用した時点で一定の損失が発生する覚悟しておかなければなりません。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *