ファクタリングの基本的な仕組みに関して

ファクタリングとは主に介護や医療業界で利用される傾向が高い制度のことです。

介護サービスや医療サービスの利用に関して発生した料金の一部は、公的な介護保険、または医療保険によって補助されます。たとえば病院にかかる際、多くの人は健康保険証を窓口で提示します。これは、そのことによって公的医療保険の被保険者であることを証明するためです。そしてその証明が認められると、診察や治療にかかった費用の一部が公的医療保険によって補助され、実際に窓口で支払う料金は、その補助分を除いた金額だけで済みます。

このような補助制度は、保険の加入者にとっては非常にメリットが大きいことです。ただサービスを提供した側、たとえば介護施設や病院などにしてみれば、料金の一部が支払われていないわけですから、そのままでは困ることになってしまいます。そこでサービス提供者は、利用者未払い分の料金を介護保険の医療保険の保険者に請求する必要があります。その請求が認められると、保険者から、利用者が支払わなかった分の金額が支払われると言う仕組みです。

しかし実際に料金が支払われるのは、請求をしてから2ヶ月後のことです。そこでファクタリングです。ファクタリングを利用すると、ファクタリング業者が保険者に代って、サービス提供が終了しているにもかかわらず、その料金の支払いが終了していない部分を買取り、その料金をサービス提供者に支払います。つまり2ヶ月と言う時間を待たずして、保険金を受け取ることができると言う仕組みです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *