ファクタリングの注意点とは

介護や医療サービスを受けた時には、利用者はその料金の全額を支払う必要はありません。

これは公的保険によって補助が適用されるためです。そしてその補助金は、介護事業者や医療事業者が各種公的保険の保険者に申請をすることで、事業者に対して支払われる仕組みとなっています。ただし申請から支払いまでには、2ヶ月の期間が必要です。一方、ファクタリングは、ファクタリング業者が保険者に代って、支払いが済んでいない部分を何割かで買取り、その代金を事業者に支払うと言う仕組みです。

その支払いは最短で即日、どれだけ長くても数日内には行われるので、未払い分のサービスで発生するキャッシュをいち早く手にすることができると言うメリットがあります。しかしファクタリングには注意点もあります。まずは手数料がかかってしまうと言う点です。どれくらいの手数料がかかるかは、業者により異なります。しかしこのことにより本来、入ってくるはずの現金よりも金額が少なくなってしまうと言うのは確かなことです。

よってできるだけ手数料が低い業者を選ぶことが必要です。それから、将来的に入ってくるはずのキャッシュを先取りすると言う仕組みなので、当然、将来的に入ってくるキャッシュの額は減ってしまうと言うのも注意点です。運営資金が苦しい事業所の中には、ファクタリングを利用しても、あまり状態が改善されないと言うところもあるかもしれません。また融資などの返済に関しては、将来的に入ってくるキャッシュと言うのも重要な役割を果たします。ファクタリングを利用して、それを先取りしてしまうことは、時にはますます状況を悪化させることにもつながるかもしれないと言うのは、頭に入れておく必要があります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *