カードローンの限度額を増やすには

クレジットカードやカードローンには「限度額」というものがあり、それ以上利用することができなくなっています。

限度額を設定することで、利用額をコントロールできない人たちのそれ以上の利用を抑える役目をしています。クレジットカードの一部には限度額が存在しないものも存在していますが、一般の人であればそのようなカードを手にすることはまずないでしょう。

カードローンを発行している金融機関は、銀行とそれ以外の2つにわかれます。銀行以外には消費者金融などがありますが、銀行以外の金融機関は貸金業法による規制を受けています。貸金業法には総量規制というものがあり、年収の3分の1以上の貸出ができないようになっているのです。

そのため消費者金融などで借り入れをする場合、どんなにたくさん借りたくても上限は年収の3分の1までとなります。消費者金融には限度額50万円以上から収入証明書の提出が必要になるところが多くあります。一方銀行には貸し出し制限をするような法律はありません。

そのためいくらでも貸出はできますが、破たんされてしまうと負債になってしまいますで、銀行側の判断で限度額が決定されます。収入証明書を提出したり、普段から利用している預金口座がある場合は限度額が高くなる傾向があります。

預金口座はいざというときの担保となるため、銀行のリスクを小さくすることができるためです。銀行でカードローンを作る場合は預金口座もあったほうが良いでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *