本来のカードローンは銀行と協同組合機関の融資

今でこそカードローンといえば消費者金融というイメージが定着しましたが、本来は銀行と協同組合機関の融資なのです。

具体的には銀行、信用金庫、信用組合、農協などが発行するカードローンのことを言います。CDやATMで利用できるローンであり、借入先または提携先の機械から借入・返済をします。コンビニ対応しているローンがほとんどなので、匿名性の点からもコンビニを利用される方が多いです。カードローンの多くは担保を不要としています。

担保として不動産や有価証券を設定する必要がある有担保ローンもありますが、ほとんどは個人の信用力を担保とする無担保ローンです。保証人も原則として不要であり、もし必要な場合は金融機関が保証会社を立ててくれることが多いです。担保・保証人が不要なため、審査がスピーディーに進みます。即日で借りられるカードローンも多いので、お急ぎの方からも選ばれています。

金融機関によっては、預金口座用のキャッシュカードで利用ができます。銀行や協同組合機関のカードローンは総じて金利が低いです。消費者金融よりも数%は低利率になっているので、第一の借入先としておすすめです。借りられない場合のみ、消費者金融などのノンバンクに挑戦するといいでしょう。

ノンバンクの特徴は、金利が少し高くて総量規制の適用になることです。借りられる金額は年収の3分の1以内で決める必要があります。ご自身の年収を3で割ってみれば、借入できる最高額がわかります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *