• 短期留学のメリットとデメリット

    学校が夏休みに入る期間に短期で留学するか、学校を休学して1年以上の長期で留学するかで悩むという人は多いでしょう。
    長期で行く場合には綿密な計画を練ってから行動する必要があり、人生を変えてしまう可能性もあります。短期で行く場合には、今の自分を変えたいというような、刺激を求めている時に気軽に体験できるものでもあり、今後の人生の参考にできることもあります。


    長期にしろ、短期にしろ、どちらの期間で行くにしても、メリットとデメリットがあります。短期で行く場合のメリットとしては、まずひとつめに留学前後で生活が大きく変わらないということがあげられます。



    短期の場合、そのほとんどが2週間という短い期間から長くても3ヶ月以内です。学生であれば夏休みなどの長期の休み中に気軽に行くことができ、社会人であっても有給休暇を利用して行くことが可能です。

    そして長期に比べると費用を抑えられるのもメリットのひとつにあげられます。学費や滞在費用がそれほどかからず、旅行感覚で楽しめることができます。それでは反対にデメリットはどうでしょうか。
    短期留学のデメリットとしては、英語力の上達に結びつきづらいということがあげられます。

    一般的に語学力は3ヶ月以上経過してから身につき始めると言われているため、語学力の上達を目的として行く場合には向いていないかもしれません。

    ロケットニュース24について詳しく知りたいならこちらのサイトです。

    すでにかなりの語学力が身についている場合でないと、目的が達成できないでしょう。