• 長期留学のメリットとは

    留学をしたいと考えた時に、その期間で悩む人は多く見られます。学校が長期休みに入る時を使って短期間でするか、学校に休学申請をして1年ほどの長期間にするかのどちらかになるでしょう。
    長期でも短期でもそれぞれにメリットとデメリットが存在します。

    ジョルダンニュース!の関連情報がご覧になれます。

    一般的に3ヶ月以内に帰国するものが短期で、3ヶ月以上海外に滞在するものが長期となります。



    短期の場合には学生ビザなども必要ありませんが、長期になると学生ビザやワーキングホリデービザが必要になります。

    長期留学のメリットのひとつには、語学力があまりない人であっても、長期間滞在する間に語学力が身につくことがあげられます。

    一般的に語学力は3ヶ月を経過してから上達すると言われています。


    そのため長期で滞在した場合には、語学を丁寧に時間をかけて学ぶことができるのはもちろんのこと、現地の生活にも慣れ、体に英語を染みつかせることができるようになります。

    語学力が上達して身に就くことで、学校の専門的なコースに進んだり、ボランティアに参加できたりと、留学中に様々なことに取り組めるようになります。


    そして長期留学の場合には、様々な環境に滞在し、その国の様々な面を知ることができるというメリットもあります。


    長期留学の場合は、現地の生活に慣れるまではホームステイのような形態をとり、慣れてきたら一人暮らしをするなど、住む環境を自由に変えることができます。



    様々な環境や人と関わることで、その国の意外な一面なども知ることができます。